スポンサードリンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



ピクノジェノールで関節炎から解放される?

ピクノジェノールの効用として、関節炎などの痛みにも有効
であることがピクノジェノールの研究している機関から発表
されていますのでご紹介させていただきます。


医療技術の進歩で平均寿命が延びていますが、長生きすれば
良いというものでもありません。
病気などで痛みと供に何年も生活するのでは、いくら長生き
したからと言っても、それは生き地獄のようなものです。

『健康で長生き』してこそ、長寿のメリットも享受できるので
しょうから、病気などで悩まないようにすることが、とても
大切なことになってきます。

今回紹介させていただく関節炎とピクノジェノールの関係ですが
関節炎は患うと、歩くこと自体が苦痛になって来るので、外出も
したくなりますし、運動不足から他の病気も誘発しかねません。

人間も動物ですから、高齢になっても自分の足で歩けるように
健康を維持していれば、苦痛に悩まされない人生が手に入れら
れる可能性が高くなります。


前置きが長くなりましたが、関節炎の患者がピクノジェノールを
服用することで、3ヶ月後に5割前後の人が関節炎の症状が改善
されたと報告されています。

ピクノジェノールの効能には抗酸化機能がよく知られていますが
関節炎などには抗炎症と微小循環機能の向上が確認されている
ようです。
分かりやすく言うと、血の巡りが良くなり関節炎の炎症が緩和
されるのでしょう。


関節炎にも効くピクノジェノール

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング - ジャンル : ヘルス・ダイエット

スポンサードリンク



ピクノジェノールはエコノミー症候群にも効く?

飛行機に長時間乗っている時、体を動かさずにじっとしている
ことから血液の循環が悪くなり行き苦しくなることがあります。
エコノミー症候群と言われるこの症状ですが、症状がひどい
場合は危険な状態になることもあるから要注意ですね。

エコノミー症候群とピクノジェノール

飛行機で海外旅行に行く時、いつもエコノミー症候群に悩ま
されていた方が、ピクノジェノールを飲んだら症状が治まり
海外旅行での苦痛から解放されたというお話もあります。

「はれた脚のはれが実際に縮小することができました。」

ケガをして出血を抑える時、タオルなどで縛って止血する
ことがありますが、止血したまま長時間放置していると
その部分が壊疽してしまいます。応急措置では治療までの
間に一定間隔で縛っているタオルなどを緩める必要があり
ます。

エコノミー症候群はケガと違って自分で知らない間に症状が
進むことがあるから怖いです。それが、長距離航空便あるいは
机に座っている時、あるいは自動車か列車で長時間じっと
座っている時に生じる場合があります。

エコノミー症候群は、血液の流れが脚を動かさずにしていること
から、血液が脚の組織で蓄積された場たとなり、静脈の血液が
循環不足する事によって引き起こされます。

ピクノジェノールのような酸化防止剤は、血小板を多くする
効果があり血液が滑りやすく循環しやくすることで、凝血や
心臓発作の主要因の発生率を縮小してくれるようです。


ピクノジェノールは服用したら必ず効果があるかと言うと
それは医師による薬と同様に個人差がありますから、飲んで
みなければ分からないというのが実情です。
効果の無かったという声よりは効果があったという声の方が
多いのもピクノジェノールの特徴かもしれません。

テーマ : 健康、美容、ダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。