スポンサードリンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



ピクノジェノールの抗酸化機能が高い理由

ピクノジェノールはフランス南西部のガスコーニュ地方ランドの
海岸沿いに生育している松から採取される天然抽出物が原料ですが、
作りからは昔ながらの伝統的な手法です。

フランスはワインの産地で有名ですが、ワインの製法も昔ながらの
伝統的なやり方で営まれています。逆に、昔ながらの手間暇掛かる
やり方だから、機械化された現代においても価値があると言える
のでしょう。

ピクノジェノールの原料となるフランス南西部の海岸松ですが、
世界中に生育する松と比べて外観では違いは分からないのですが
樹皮に含まれる抗酸化成分が際立って多いようです。
海岸と言うのは生物にとっては塩分の影響を受けやすい厳しい環境
です。その厳しい環境を生き抜いてきた秘密の一つが樹皮なので
しょう。

ピクジェノールの原料

松の樹皮は堅くてごわごわしています。
太古から生育しているイチョウの木も樹皮はものすごく硬いですね。
植物は動物と反対で二酸化炭素を吸収して酸素を排出しますが、
植物にとって酸素は排泄物と見ていのかもしれません。
ですから、松のような植物も酸素は苦手だから抗酸化機能を自ら
備えているように思えます。

フランス南西部の海岸は潮風が強いのでしょう。
その厳しい自然環境でDNAが進化していったようです。
プロシアニジン、バイオフラボノイド、有機酸が絶妙なバランスで
含まれていますが、そのDNAの遺伝プログラムが他の松とは違う
からフランス以外の地方ではピクノジェノールの代わりは作れない
のですね。


◆ピクノジェノールと他商品の抗酸化機能比較

1999年に発表された東京大学の研究発表資料では
250ng/ml当たりの抗酸化機能の比較が行われていますが、
ピクノジェノールが群を抜いて高い数値を示しています。

・ピクノジェノール:90%
・グレープシード :15%
・ビタミンE   :10%
・lipoic acid   : 2%
・ビタミンC   : 1%
・Q10     : 1未満

数値はグラフを読んだ値ですので正確には研究論文を参照して
いただきたいのですが、そこまでしなくても分かるくらい
ピクノジェノールの抗酸化機能の数値が圧倒的に他に比べて
高いです。
スポンサーサイト

テーマ : やっぱり綺麗になりたい! - ジャンル : ヘルス・ダイエット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。