スポンサードリンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



ピクノジェノールと子宮内膜症治療

ピクノジェノール抗酸化作用の強い成分が肌の老化などに有効なので
アンチエージングに関心の高い女性にピクノジェノールのサプリメント
が愛用されています。

抗酸化作用の優れているピクノジェノールですが、フランスの海岸に
ある松という特殊な条件を除けば、松の皮が原料ですから自然食品と
同様とみなせますので安心して摂取できます。

そこで、今回は美容以外にもピクノジェノールが重宝されている
中でも最近女性に増えている子宮内膜症に効果が確認されている
点に注目したいと思います。


◆活性化酸素と抗酸化成分◆

ピクノジェノールの抗酸化作用について触れる前に、活性酸素が
体に悪さすることを確認したいと思います。

ピクノジェノールは抗酸化作用があり、体の老化を加速させる
酸化作用は、活性化酸素が原因と言われています。

人間の体は酸素がなければ生きていけませんが、酸素の困った
性質として、必要以上に体内へ酸素が取り込まれると、
余った酸素が活性酸素となり体内で悪さをし始めるようです。


◆子宮内膜症の治療◆

最近女性に増えている子宮内膜症ですが、子宮内膜症の原因が
活性酸素かどうかは分かっていませんが、子宮内膜症になって
重い生理痛で辛い思いをしている女性は多いようです。

子宮内膜症の治療は、産婦人科で診てもらうとヘリカルCTや
MRIという高級な医療機械で検査した後、内服薬が処方され
ますが、内服薬は毎月やってくる生理を止めて子宮内膜症の
症状が治まるのを半年から1年近く待つという治療方法がとら
れています。

ヘリカルCTやMRIは治療費が健康保険を使っても1万円以上も
自己負担のいる高額医療ですが、子宮内膜症の治療薬がまた高額
な医療費が掛かります。
1カ月当たり、自己負担分で約5000円の薬代が掛かります。

この治療法は生理が止まるので、辛い生理痛がなくなりますが
20代女性でこの治療を受けると、更年期障害のようなイライラ感
を感じたりする場合があるようです。
生理を薬で止めているわけですから、副作用が出るのはやむを
得ないということでしょうか。

子宮内膜症を内服薬で治療するので、外科手術のような痛みを
伴うことはないのですが、生理が止まることから来る副作用など
出来れば出て欲しくないものです。
そこでピクノジェノールです。

ピクノジェノールの成分が子宮内膜症の女性に効果が確認されて
います。辛かった生理痛からの解放です。
病院で処方される子宮内膜症の治療薬みたいに副作用も感じる
ことなく快適な生活が出来ているとすれば、子宮内膜症の治療
に病院も使って欲しいくらいです。

病院は薬事法に合格した薬しか使えないような事情があるかも
しれませんがピクノジェノールは病院の治療薬より費用も少なく
抑えられるようですのでありがたいですね。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。