スポンサードリンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



ピクノジェノールの注意点【副作用】

アンチエージングで効果が高いので知られるピクノジェノール
ですが、万能というので是非利用してみたいという思いと、
外国製ということから気になるのがやはり副作用などなのでは
と思います。

ピクノジェノールの安全性に関しては、次の示すような臨床試験
が実施されて、人体に対する副作用が検証されており、検証結果
から安全性が立証されているそうです。
 ・急性毒性試験
 ・生殖毒性試験
 ・感作性試験
 ・眼粘膜刺激性試験
 ・皮膚一時刺激性試験
 ・ヒトパッチ試験

また2003年にアメリカで、食品としての安全性を証明する
認定も受けています。


ピクノジェノールとは、フランス海岸松樹皮から摂れる抽出物
のことで、スイスの医療品メーカーのフォーファーリサーチ社
によってピクノジェノールと名付けられ登録商標を得たものです。

アメリカ合衆国では抗酸化作用、ADHD、血栓症、脳卒中、
心臓病に対する効果の用途特許、日本では月経困難症や子宮
内膜症の治療効果特許を得ています。

したがってフォーファーリサーチ社以外で製造された成分を
ピクノジェノールと呼ぶ事は出来ないのですが、そのような
名前の製品も出回っているようです。
別名ではフラバンジェノールなどとも呼ばれているようです。


ピクノジェノールには、薬剤の様な副作用はありませんが、
胃の弱い人などには胃もたれ、胃痛を起こす原因になる可能性
もあるそうです。しかしこの様な場合は、食事中、食後すぐ
などに摂取してもらえばほとんど問題はないそうです。

ごく稀なケースとしては、松アレルギーの人が摂取した場合
発疹が出る可能性もありますが、これは極めて特殊な事例の
ようです。ピクノジェノールはアメリカ食品医薬品局の
低アレルギー誘発性製品に認定されたアレルギー対策商品
であるから安心して服用できる食品といえますね。


ピクノジェノールはアメリカ、フランス、日本の他にも、
イギリス、ドイツ、イタリアなどの研究者によっても
安全性が確認されているそうです。

前述した、胃もたれや発疹などは、ピクノジェノールに限らず
どのような健康食品にも認められる作用でもあるそうです。

個人差もありますが、過剰摂取は避け、血液をサラサラにし
血流促進効果のあるピクノジェノールですので、怪我をして
いる場合などには血が止まりにくくなる傾向もあるとされて
います。
また妊娠中、授乳中の摂取は気をつけた方がよいそうです。


ピクノジェノールは万能の成分と言われますが、やはり摂取の
仕方には注意も必要になってきそうです。
正しく服用してアンチエージングの健康つくりしたいものです。


ピクノジェノール女性

スポンサーサイト

テーマ : アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ - ジャンル : ヘルス・ダイエット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。