スポンサードリンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



抗酸化物質ピクノジェノール・ピュアからネオへ

ピクノジェノール・ピュアという製品は、岐阜県の林医院が製品化した
抗酸化物質を持つサプリメントだそうです。
ピクノジェノールはフランス海岸にある松の樹皮から抽出される成分を主にする
健康食品で、ホーファーリサーチ社の登録商標となっています。


■ピクノジェノール・ピュアからピクノジェノール・ネオへ

このピクノジェノール・ピュアは平成15年3月をもって製造中止となった
ようですが、現在は「ピクノジュノール・ネオ」として同一の成分構成で
販売されているようです。

ピクノジェノールは、ガン、老化、動脈硬化、糖尿病に効果があり、
体内で発生した活性酵素を除去する抗酸化作用が豊富と言う事は
もはや常識とも言える事だそうです。


ピクノジェノールの抗酸化作用はビタミンCの20倍、ビタミンEの50倍
とも言われ、「最強の抗酸化剤」などとも呼ばれているそうです。


平成10年頃から、医師も患者もアメリカから個人でピクノジェノール製品を
輸入して使用してきたそうですが、個人輸入とは考える以上に面倒な事です。
言葉の問題もありますし、手続きのやり方など誰かが教えてくれない限り
なかなかハードルの高いものでした。


その為、医師が自分でピクノジェノールを作れない方考え、
その原料の入手法などを調べ、法的な手続き方法なども調べているうちに
何とかなりそうな感触が得られ、その後紆余曲折はありましたが
何とか製品化に持ち込んだのが旧ピクノジェノール・ピュアだったそうです。


とにかく手軽かつ安価に患者さんが手に入れる事を優先させた製品ですので、
見た目には市販の健康食品などと比べるとあまりさえないものだそうです。
パッケージも経費削減のため省略したそうです。


その旧ピクノジェノール・ピュアは1粒(300mg)中に
ホーファーリサーチ社の「ピクノジェノール」20mgを
主成分としてあるそうで、体内の抗酸化酵素の補酵素となる
微量ミネラルのセレンと酸化防止剤のビタミンCが配合
されているそうです。


製品は1瓶に90粒入りで、薬効を期待するには、1日60mgが
最低必要だそうです。特に最初の2~3週間は、1日60~100mg
摂取するのが正しいそうです。


美容効果を得たい場合は1日20~30mg程度の摂取をするという
飲み方もあるそうです。


その価格は送料別で1瓶7500円となっています。
購入は「ピクノサプライ」というサイトで可能なようです。

ピクノジェノールの成分などが気になる方は是非サイトなどを
のぞいてみると良いのではと思います。
スポンサーサイト

テーマ : アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

スポンサードリンク



コレステロールとメタボ対策

メタボリック症候群の方は、2008年4月という月を忘れないでしょう。
今まではお腹で出ていても、貫禄があるなぁ
と思われていたくらいですが、2008年4月以降はそんな呑気なこと
言ってられなくなりました。


メタボ健診で要指導となると勤務先の保険医や看護士さんから
痩せるようにうるさいくらい指導されることになります。
私の知っている方で、マイカー通勤だったのに、メタボ対策で電車通勤を
半ば強制指導された人がいます。


メタボ問題は個人の問題だけに留まりません。
健康を害されることは、組織にとってマイナス要因ですから
これからメタボ指導はどこでも見かけるようなことになりそうです。


現代社会では、高いコレステロール値は動脈硬化などの深刻な
危険因子のひとつになると言う事はよく知られています。


しかし高コレステロール値と言っても、詳細にコレステロール値を
分析する必要があるようです。

それは、高LDLコレステロールのみが深刻な危険因子と言える
からだそうです。多量のLDLは血管内での脂肪沈着形成の可能性を
高める事からも「悪玉」コレステロールと言われています。


LDLに対して存在するのが、HDLコレステロールですが、
こちらは「善玉」コレステロールと呼ばれています。


総コレステロール値の他に「悪玉」コレステロールと「善玉」
コレステロールの均衡が健康には必要と言う事が分かっています。


コレステロール値を下げるのに良い薬は沢山あるそうですが、
これらの薬には副作用もあり、コレステロール値を減少させ
副作用もあまり無い栄養補助食品などは価値ある物と言えるそうです。


そこで注目できるのが、「ピクノジェノール」だそうです。
ピクノジェノールは幾つかの臨床試験から総コレステロール値の
減少の他にも、「善玉」コレステロールを増やし、
「悪玉」コレステロールを減らす効果がある事が分かっているそうです。


アメリカで25名のボランティアに、ピクノジェノールRによる
臨床試験が行われ、ピクノジェノールによる脂質代謝の改善の
実態が明治されたそうです。

またドイツ、スロバキアなどの研究でも脂質代謝改善の結果がでたそうです。
3つの研究の結果からピクノジェノールには心血管系疾患の
リスクの減少が明示されたという事です。


ピクノジェノール、美容成分として日本では有名なようですが、
その他にも様々な効果が期待出来る成分でもあるようです。

テーマ : アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

スポンサードリンク



ピクノジェノール活、は世界の女性が愛飲するサプリメント

ピクノジェノールのサプリメントとして世界の女性が支持しているものが
あります。『ピクノジェノール活』という
ピクノジェノールが体に効果的に働く、というイメージですね。


強い抗酸化作用から様々な生活習慣病、美容などにも効果の期待される
ピクノジェノールですが、日本でも各メーカーがピクノジェノール製品を
販売しているようです。


その中でも「ピクノジェノール活」、

この製品は30年以上の研究、豊富なエビデンス、世界で愛用されている
ピクノジェノールが1日2粒で80mgが摂取できるサプリメントだそうです。


またこの製品では、イチョウ葉エキスにも注目し、
フラボノイド類24%、テルペン類6%を含む、
スイス製のイチョウ葉エキスも2粒で80mg摂取できるそうです。


また、ビタミンCやE、β-カロチン、ゴマ由来のセレン
なども配合されているそうです。

働き盛りの人や、高齢の人までトータルな健康維持を補助する
サプリメントが「ピクノジェノール活」であるとされます。


ピクノジェノール活は60粒入りサイズが10500円で購入できるそうです。
また、送料は無料となっています。
ピクノジェノール活・ファミリーサイズとして180粒入りも販売されており
こちらは26250円となっています。


配合成分のうち、「セレン」とはゴマを発酵濃縮したもので、セレニウムを
含むそうで、これはピクノジェノールと相性の良い事で知られているそうです。


そして大豆抽出物も含まれ、これにはβ-カロチンが含まれているので、
ビタミンAも補給する事ができます。
ビタミンC、ビタミンEは共に大切な健康維持の補助になります。


また、ピクノジェノール活に使用されているイチョウ葉エキスは、
スイス製のもので、このエキスは、一般的な成分構成比である
フラボノイド類24%、点ペル類6%の基準をみたし、
フラボノイドの成分構成も調整されているそうで、ギンコール酸
という成分も世界的なイチョウ葉の規格5ppm以下まで
除去されているそうです。


ピクノジェノール様々な効果の期待出来る製品ですので、
「ピクノジェノール活」を利用してみるのも良いのではと思います。

テーマ : アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

スポンサードリンク



松の力?、ピクノジェノールの効果

フランスの松って日本の松とどこが違うのでしょうか。
でも松の成分がこんなに効用があるとは思いませんでした。


ピクノジェノールとは、フランスの特定の海岸にしかない松から
摂れる成分から出来ているサプリメントですが、最近は日本でも
よく見かける成分となってきたように思えます。


ピクノジェノールの別名はフラバンジェノールでそちらの名前なら
目にした事があるかたも多いのではと思います。


ピクノジェノールよく見かけるようになった理由には
やはりその効果の多様さなどがあるのではとされます。


そこで今回はピクノジェノールの効果について
少し見て行きたいと思います。



まずピクノジェノールは局部や経口投与によって下肢部の潰瘍を
治療する事が分かっています。


また美肌効果、美容効果、
Ⅱ型糖尿病への効果、深部静脈血栓症の緩和、静脈疾患への効果、
コレステロールバランスへの効果、ストレスへの効果
などが知られています。


さらには、・血栓の予防、
 ・注意欠陥多動性障害への効果、・鎮静作用、
 ・糖尿病性網膜症への効果、・子宮内膜症や生理痛への効果、
 ・こむら返りへの効果、慢性疲労症候群への効果、
 ・花粉症やアトピー性皮膚炎、・アルツハイマー病
などへの効果、
 ・眼精疲労、・インフルエンザへの効果、・ガンの予防、
 ・白内障、・高血圧、・足のむくみ、・高脂血症
などへの効果も知られているそうです。


このような様々な症状への効果から
「医者いらず」や「薬をしのぐ健康食品」などとも言えるようです。


ピクノジェノールの特性とは、
とても強い抗酸化作用のある物質ということで、
ピクノジェノールとはオリゴメリック・プロトシアニジン
というものを主体とした約40種類の有機酸を含んだ生体フラボノイド
の複合体だそうです。


またピクノジェノールの有効な成分は、水溶性であることから
体内への吸収が容易になる原因のひとつであるそうです。

生活習慣病から美容にまで効果のあるピクノジェノールですので、
とても注目できる健康食品なのではと思います。

テーマ : アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

スポンサードリンク



本ブログのプライバシーポリシーについて

本ブログにおけるプライバシーポリシーについて
お知らせしています。


●クッキーおよびWebビーコンについて

本ブログにおいては、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと呼ばれる
技術を使用しているページがあります。
クッキーとは、Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上
に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報
の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるように
なります。

クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの
「寿命」に加え、1つの値が格納されています。通常、この値は
ランダムに生成されたユニークな数です。

クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、
カスタマーに有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されて
います。クッキーにより、カスタマーの使用するコンピュータは
特定されますが、カスタマー個人を特定できるわけではありません。

また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります)は、
特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。


●当ブログにおけるクッキーを使用する場合について

1. 利用者ごとにカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、
利用者の利便性を考慮しクッキーを使用することがあります。
このクッキーは、利用者がカスタマイズされたページへアクセス
  したとき、またはログインするときに設定されます。

2. 本サイトを利用する利用者数を計るために使用する場合が
  あります。

3. 掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。


●クッキーの無効化と有効化について

ブラウザの設定を変更すると、クッキーの受け入れ可否を選択でき
ます。また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されている
クッキーを削除することもできます。
ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当サイトで一部の
機能が使用できなくなることがあります。

ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な
場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認
してください。


以上、管理人からのお知らせでした。


テーマ : アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

スポンサードリンク



ピクノジェノールとは

ピクノジェノールは、フランスで発見された
抗酸化作用のとても強い成分として知られています。


みなさんは普段の生活にサプリメントを取り入れているでしょうか。


サプリメントも現在では日本にも定着してきた健康食品
ではないかと思うのですが、海外ではさらに人々の生活に
定着しているものではないかともされています。


サプリメント、その種類や効果は数多くありますが、
その中でもピクノジェノール、
このサプリメントはフランス南西部のガスコーニュ地方ランド海岸に
生育する海岸松樹皮から摂った天然植物抽出物から出来ているものです。


ピクノジェノールはフラボノイドの含有量が多く、その有効性も
120件以上もの試験によって知られています。


松の樹皮であるフラボノイドポリフェノールは
ネイティブ・インディアンが松の樹皮を煎じて
お茶として飲んでいました。


13世紀頃の記録では、フランス人の探検家が
カナダ原住民から与えられた松の樹皮と針葉を煎じたお茶を
薬として使用したことも残っています。


そして400年以上の後に、生理活性のあるフラボノイドの探求が
各地の大学で研究がスタートして、最終的にはフランス海岸松の樹皮に
生物学的利用性と生理活性の高いフラボノイドの小規模な
グループの源を見つけ出しました。


さらにヨーロッパでの研究によって、生理活性の高いフラボノイドが
含有している事が発見され、その抽出物をホーファーリサーチ社
というスイスの会社が「ピクノジェノール」として販売を
スタートしました。


ピクノジェノールという名前は「濃縮する」という意味のpycnoと
「生成する」という意味のgen、フラボノールの接尾辞を意味するolを
組み合わせて作られたそうです。


別名では「フラバンジェノール」としても知られている
ピクノジェノールですが、健康にも様々な効果を持つようです。


フランス生まれの健康成分ですが、日本でも購入する事が出来る事もあり
気になる成分であると言えるのではと思います。

テーマ : アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ - ジャンル : ヘルス・ダイエット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。