スポンサードリンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



ピクノジェノールで関節炎から解放される?

ピクノジェノールの効用として、関節炎などの痛みにも有効
であることがピクノジェノールの研究している機関から発表
されていますのでご紹介させていただきます。


医療技術の進歩で平均寿命が延びていますが、長生きすれば
良いというものでもありません。
病気などで痛みと供に何年も生活するのでは、いくら長生き
したからと言っても、それは生き地獄のようなものです。

『健康で長生き』してこそ、長寿のメリットも享受できるので
しょうから、病気などで悩まないようにすることが、とても
大切なことになってきます。

今回紹介させていただく関節炎とピクノジェノールの関係ですが
関節炎は患うと、歩くこと自体が苦痛になって来るので、外出も
したくなりますし、運動不足から他の病気も誘発しかねません。

人間も動物ですから、高齢になっても自分の足で歩けるように
健康を維持していれば、苦痛に悩まされない人生が手に入れら
れる可能性が高くなります。


前置きが長くなりましたが、関節炎の患者がピクノジェノールを
服用することで、3ヶ月後に5割前後の人が関節炎の症状が改善
されたと報告されています。

ピクノジェノールの効能には抗酸化機能がよく知られていますが
関節炎などには抗炎症と微小循環機能の向上が確認されている
ようです。
分かりやすく言うと、血の巡りが良くなり関節炎の炎症が緩和
されるのでしょう。


関節炎にも効くピクノジェノール
スポンサーサイト

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング - ジャンル : ヘルス・ダイエット

スポンサードリンク



ピクノジェノールはエコノミー症候群にも効く?

飛行機に長時間乗っている時、体を動かさずにじっとしている
ことから血液の循環が悪くなり行き苦しくなることがあります。
エコノミー症候群と言われるこの症状ですが、症状がひどい
場合は危険な状態になることもあるから要注意ですね。

エコノミー症候群とピクノジェノール

飛行機で海外旅行に行く時、いつもエコノミー症候群に悩ま
されていた方が、ピクノジェノールを飲んだら症状が治まり
海外旅行での苦痛から解放されたというお話もあります。

「はれた脚のはれが実際に縮小することができました。」

ケガをして出血を抑える時、タオルなどで縛って止血する
ことがありますが、止血したまま長時間放置していると
その部分が壊疽してしまいます。応急措置では治療までの
間に一定間隔で縛っているタオルなどを緩める必要があり
ます。

エコノミー症候群はケガと違って自分で知らない間に症状が
進むことがあるから怖いです。それが、長距離航空便あるいは
机に座っている時、あるいは自動車か列車で長時間じっと
座っている時に生じる場合があります。

エコノミー症候群は、血液の流れが脚を動かさずにしていること
から、血液が脚の組織で蓄積された場たとなり、静脈の血液が
循環不足する事によって引き起こされます。

ピクノジェノールのような酸化防止剤は、血小板を多くする
効果があり血液が滑りやすく循環しやくすることで、凝血や
心臓発作の主要因の発生率を縮小してくれるようです。


ピクノジェノールは服用したら必ず効果があるかと言うと
それは医師による薬と同様に個人差がありますから、飲んで
みなければ分からないというのが実情です。
効果の無かったという声よりは効果があったという声の方が
多いのもピクノジェノールの特徴かもしれません。

テーマ : 健康、美容、ダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

スポンサードリンク



ピクノジェノールの抗酸化機能が高い理由

ピクノジェノールはフランス南西部のガスコーニュ地方ランドの
海岸沿いに生育している松から採取される天然抽出物が原料ですが、
作りからは昔ながらの伝統的な手法です。

フランスはワインの産地で有名ですが、ワインの製法も昔ながらの
伝統的なやり方で営まれています。逆に、昔ながらの手間暇掛かる
やり方だから、機械化された現代においても価値があると言える
のでしょう。

ピクノジェノールの原料となるフランス南西部の海岸松ですが、
世界中に生育する松と比べて外観では違いは分からないのですが
樹皮に含まれる抗酸化成分が際立って多いようです。
海岸と言うのは生物にとっては塩分の影響を受けやすい厳しい環境
です。その厳しい環境を生き抜いてきた秘密の一つが樹皮なので
しょう。

ピクジェノールの原料

松の樹皮は堅くてごわごわしています。
太古から生育しているイチョウの木も樹皮はものすごく硬いですね。
植物は動物と反対で二酸化炭素を吸収して酸素を排出しますが、
植物にとって酸素は排泄物と見ていのかもしれません。
ですから、松のような植物も酸素は苦手だから抗酸化機能を自ら
備えているように思えます。

フランス南西部の海岸は潮風が強いのでしょう。
その厳しい自然環境でDNAが進化していったようです。
プロシアニジン、バイオフラボノイド、有機酸が絶妙なバランスで
含まれていますが、そのDNAの遺伝プログラムが他の松とは違う
からフランス以外の地方ではピクノジェノールの代わりは作れない
のですね。


◆ピクノジェノールと他商品の抗酸化機能比較

1999年に発表された東京大学の研究発表資料では
250ng/ml当たりの抗酸化機能の比較が行われていますが、
ピクノジェノールが群を抜いて高い数値を示しています。

・ピクノジェノール:90%
・グレープシード :15%
・ビタミンE   :10%
・lipoic acid   : 2%
・ビタミンC   : 1%
・Q10     : 1未満

数値はグラフを読んだ値ですので正確には研究論文を参照して
いただきたいのですが、そこまでしなくても分かるくらい
ピクノジェノールの抗酸化機能の数値が圧倒的に他に比べて
高いです。

テーマ : やっぱり綺麗になりたい! - ジャンル : ヘルス・ダイエット

スポンサードリンク



ピクノジェノールと糖尿病合併症

ピクノジェノールはアンチエージングに高い効果のあることで
知られていますが、女性の方で辛い子宮内膜症にも効果が確認
されています。

子宮内膜症以外にも、ピクノジェノールが病気で効果が確認
されているのが糖尿病合併症です。

糖尿病合併症は、体の血の巡りが悪くなったりして体の持つ
本来の機能が働くなくなって引き起こされていく病気です。

糖尿病網膜症という糖尿病の合併症も、目の底にある網膜の
血管が悪くなり、視力が弱くなったり、症状が悪化して失明や
白内障になる病気です。
これも、目の網膜という繊細な所の血の巡りが悪くなって、
網膜の神経がやられていく恐ろしい病気です。

こういった血の循環が妨げられる怖い病気に対して、抗酸化
機能が高いピクノジェノールが効果を発揮するようです。


ピクノジェノールと糖尿病合併症

糖尿病は病状がゆっくり進む病気ですので、最初変化に気付き
にくかったり、人間ドッグなどの健診で糖尿病ですと診断され
ても、改善努力をしないまま放置したりする人もいます。

でもこれが怖い結果になるんですね。

糖尿病は合併症を併発しやすい病気なので、糖尿病になってから
10年以上経つと深刻な合併症へのリスクがものすごく高くなって
きます。

糖尿病合併症は、病院で合併症と診断されるようでは遅いです。
何故なら、人工透析が必要な体になったり、失明したのでは
もう元の生活が出来なくなるからです。

糖尿病合併症は大きく3つの症状で分けられます。
 ・糖尿病神経障害
 ・糖尿病網膜症
 ・糖尿病腎症

この3つの糖尿病合併症のことは3大合併症と呼ばれています。
糖尿病の3大合併症は、糖尿病に特有の合併症で、血糖コントロール
をしないでいると、糖尿病発症時から10~15年でこれらの合併症が
出てきます。

それで、そうなったら時では遅いということです。

美容だけではないピクノジェノール。
美容のためにピクノジェノールを服用していると、恐ろしい糖尿病
合併症の予防にもなるということですね。

テーマ : アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

スポンサードリンク



ピクジェノールで美容と成人病予防

ピクノジェノールは美容と成人病予防の二重取りが期待できる
優れた抗酸化作用があります。

ピクノジェノールを化粧品などの美容で知っている人がいる一方で、
最近の女性に増えている子宮内膜症などの婦人病の治療で服用して
いる人は、ピクノジェノールを薬として認識されています。

美容のためにピクノジェノールを服用している人は、本人が意識
しなくても婦人病予防の対策をしていることになりますし、
また、婦人病治療としてピクノジェノールを服用しているとしたら
本人は意識しなくても、肌のアンチエージングを同時にやっている
ことになります。

ですので、ピクノジェノールは男性には効果が限定的かもしれま
せんが、女性には複数の効能が期待できる優れものなんです。


アンチエージングと聞けば、大人の女性が気になる肌の衰えなど
加齢とともに現れてくる体の衰えを防ぐ化粧品やサプリメントが
想像されると思います。

そもそも酸化作用って何なんでしょう?◇◆

ロウソクが燃えるのは、化学の世界では、ロウソクの成分と酸素が
結合して化学変化することですよね。
この酸化作用のことを肌の衰えと結び付けて考える例としては、
屋根のトタン板が古くなって来ると赤く酸化することなどが
分かりやすいです。

トタン板は最初金属の綺麗な光沢があります。
(肌は10代の頃、張りがあって化粧しなくても綺麗です)
      ↓↓↓
トタン板が酸化すると、赤く変色して表面が荒れて汚くなります。
(肌の酸化が進むと、カサカサしてシワが出来やすくなります)


酸化を防げは永遠の美女?◇◆

年相応と言う言葉がありますが、こと美容に関しては年齢不相応
と言いますか、実年齢より若く見られたいものです。

10代、20代では見た目と年齢の違いをそれほど感じませんが、
これがアラサー30代、アラフォー40代となってくると
年齢が同じでも見た目が若く見える人、実際以上に老けて見える
人と大きな差が生じてしまします。

この原因の一つが酸化作用としたら、ピクジェノールを試して
見たいと思う人がもっと増えてきそうな気がします。
でも実際はそうならないかもしれません。

ピクノジェノールがフランスの海岸に生息する松の樹皮に特に
多く含まれるという希少性があるから、世の中に安くて大量に
出回ることがないからです。

フラバン茶

テーマ : 健康、美容、ダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。