スポンサードリンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



コラーゲンを増やしメラニンを抑えるピクノジェノール

顔のしわ対策に欠かせないのが
コラーゲン対策とメラニン対策と言われたりします。

コラーゲンは減らないようにする対策
メラニンは増やさないようにする対策


コラーゲン・メラニン対策が顔のしわ対策に効果的のようです。

笑顔


いつまでも美しくいたいという女性にとって、
気になる肌悩みのひとつが顔のしわでないでしょうか。


しわのできる大きな原因には、肌のはりをもたらす
タンパク質の一種であるコラーゲンが、年齢を重ねる毎に
減少していくためという事があります。


弾力のあるみずみずしい肌を保持するには、
充分なコラーゲン量を維持する事が大切になってきます。


「ピクノジェノール」は体内ビタミンCを効率的に利用する事で
コラーゲンの生成を促進し、コラーゲンを分解してしまう酵素の
働きも抑えます。


またフランス海岸松の樹皮エキスであるピクノジェノールは、
もともとは血管などに関連する成分として注目されていた事もあり、
体の隅々まで栄養や酵素を運び、老廃物を回収する血液の流れを
良くし、血管もしなやかにする働きも知られています。


そのため肌にもしっかりと血液が行渡り、くま、くすみの
気にならない肌を作る事にもつながるようです。



そしてピクノジェノールは美白を目指す女性にも嬉しい成分と
言う事が分かっています。


それは、紫外線によってメラニン色素を作り出す酵素チロシナーゼを
抑制する機能を持つためだと言われています。
過剰に作られたり、代謝が悪くなると色素沈着してしみとなって
しまうメラニン色素をコントロールできる成分がピクノジェノール
だそうです。


美容成分にはもちろん最適なピクノジェノールですが、
その強い抗酸化作用は様々な病気などにも効果があるそうです。
今後より期待出来る健康食品のひとつがピクノジェノール
なのではと思います。
スポンサーサイト

テーマ : アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

スポンサードリンク



アンチエージンに良いピクノジェノールの原料について


健康・美肌作りに関心の高い人々が注目するのが「フラバンジェノール」です。
これは別名をピクノジェノールと言い、フランス海岸松の樹皮抽出物だそうです。

girl001.jpg

1945年、当時25歳だったマスケリエ博士が、
ピーナツを包んでいる薄皮の赤い色素に、毒性が無いかどうかの研究を依頼されました。
動物の飼育に関してピーナツの薄皮に毒性が無いか調べる必要があったそうです。
ピーナツって、餌で与えてるんですね。
リス? もっと身近な家畜でも栄養豊富な飼料として与えているんですね。


博士は赤い皮に毒性が無い事を証明し、さらに化学構造の研究に取り組みました。
そして1947年、OPCというプリフェノールの一種の取り出しに成功し
このOPCがピクノジェノールの機能の源となったのだそうです。



その後の研究で、血管強化作用をOPCが持つ事が解明され、
薬も開発されたそうですが、ピーナツの輸出方法が変わり、
皮の部分が入手困難になりました。


そこで博士は、ナッツと同じ仕組みをもつ植物を探し、
たどり着いたのがフランス海岸松だったと言われています。

ピクノジェノールの働きについてのエピソードは他にもあり、
約470年前の「大航海時代」にさかのぼります。



フランス人探検家のジャック・カルティエが探検隊と共に北米大陸に向かい、
1535年、カナダのセント・ローレンス湾に到着し、現在のケベック地方を発見しました。
彼はさらに上流をめざしましたが、その冬、彼らの船は激しい寒波の為氷に
閉じ込められてしまいます。

この時沢山の隊員が食糧の栄養の偏りから壊血病にかかりましたが、
知恵のある隊員によって、松の一種の樹皮と葉の抽出液を飲み、
痛む関節にも塗る事を勧め、多くの隊員の命が救われたそうです。



壊血病とは主にビタミンCの不足で起きる病気ですが、
当時は長期の船旅にはつきものとされていた病気だそうです。
このころから松の抽出物が使用されていたというエピソードが残っているのです。


日本ではまだ認知度が低いピクノジェノールですが
少しずつ耳にするようにもなった気がします。
しかしこのピクノジュール、ヨーロッパでは歴史もある成分なのですね。

テーマ : アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

スポンサードリンク



フラバンジェノール(ピクノジェノールの別名)

フラバンジェノール2

フラバンジェノールって聞いたことおありでしょうか。
フラバンジェノールという名称を聞いたことが無くても、
ピクノジェノールなら、聞いたことがあるかもしれません。


フラバンジェノールはピクノジェールの別名ですが、
これはフランス南西部の大西洋沿岸に生育する松の樹皮から
抽出される抗酸化物質の事です。


この名称は商標登録されており、フランスでは一般に
「フラバンジェノール」と呼ばれています。
最近日本でもフラバンジェノール配合のお茶などを見かける事が
できるようになってきました。


日本には先にピクノジェノールと言う名称で入って来たため
どちらの名称も見かける事ができるようですが、
成分的には同じ物といえます。
その有効成分はOPCと呼ばれるもので、「ブドウ種エキス」
としても販売されており、OPCはブドウの種からもとれる
成分だそうです。


OPCとは強力な抗酸化物質で、
簡単に言えばポリフェノールの一種だそうです。
OPCというのはとても特殊なフラボノイド特性を持った
低分子抗酸化物質で、特に欧米では40年以上も研究・実験が
重ねられたもので、その安全性・有効性は
科学的に立証されているといえます。


研究の結果からは「現代最強の抗酸化物質」
などとも呼ばれているそうです。


ピクノジェノール、フラバンジェノールと言った名称も
少しずつ日本で浸透してきています。
ブドウの種エキスもグレープシードと言われ
最近では名前が知られて来ており、
「OPC」という製品名で販売される事もあるそうです。


しかしピクノジェノールは抽出法の違いによる体内での吸収率や、
実際に含まれる有効成分量が各メーカーによってかなり差が
あるようですので、選ぶ際には注意が必要なようです。
また日本での価格はアメリカなどでの製品と比べると
かなり割高なようです。


ピクノジェノールに限らずサプリメントの面では
先進国とはまだまだ言えないのが日本らしいのですが、
サプリメントも1粒中の成分の含有量などにも注目して
選ぶのが一番なのではと思います。

テーマ : アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

スポンサードリンク



松の力?、ピクノジェノールの効果

フランスの松って日本の松とどこが違うのでしょうか。
でも松の成分がこんなに効用があるとは思いませんでした。


ピクノジェノールとは、フランスの特定の海岸にしかない松から
摂れる成分から出来ているサプリメントですが、最近は日本でも
よく見かける成分となってきたように思えます。


ピクノジェノールの別名はフラバンジェノールでそちらの名前なら
目にした事があるかたも多いのではと思います。


ピクノジェノールよく見かけるようになった理由には
やはりその効果の多様さなどがあるのではとされます。


そこで今回はピクノジェノールの効果について
少し見て行きたいと思います。



まずピクノジェノールは局部や経口投与によって下肢部の潰瘍を
治療する事が分かっています。


また美肌効果、美容効果、
Ⅱ型糖尿病への効果、深部静脈血栓症の緩和、静脈疾患への効果、
コレステロールバランスへの効果、ストレスへの効果
などが知られています。


さらには、・血栓の予防、
 ・注意欠陥多動性障害への効果、・鎮静作用、
 ・糖尿病性網膜症への効果、・子宮内膜症や生理痛への効果、
 ・こむら返りへの効果、慢性疲労症候群への効果、
 ・花粉症やアトピー性皮膚炎、・アルツハイマー病
などへの効果、
 ・眼精疲労、・インフルエンザへの効果、・ガンの予防、
 ・白内障、・高血圧、・足のむくみ、・高脂血症
などへの効果も知られているそうです。


このような様々な症状への効果から
「医者いらず」や「薬をしのぐ健康食品」などとも言えるようです。


ピクノジェノールの特性とは、
とても強い抗酸化作用のある物質ということで、
ピクノジェノールとはオリゴメリック・プロトシアニジン
というものを主体とした約40種類の有機酸を含んだ生体フラボノイド
の複合体だそうです。


またピクノジェノールの有効な成分は、水溶性であることから
体内への吸収が容易になる原因のひとつであるそうです。

生活習慣病から美容にまで効果のあるピクノジェノールですので、
とても注目できる健康食品なのではと思います。

テーマ : アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

スポンサードリンク



ピクノジェノールとは

ピクノジェノールは、フランスで発見された
抗酸化作用のとても強い成分として知られています。


みなさんは普段の生活にサプリメントを取り入れているでしょうか。


サプリメントも現在では日本にも定着してきた健康食品
ではないかと思うのですが、海外ではさらに人々の生活に
定着しているものではないかともされています。


サプリメント、その種類や効果は数多くありますが、
その中でもピクノジェノール、
このサプリメントはフランス南西部のガスコーニュ地方ランド海岸に
生育する海岸松樹皮から摂った天然植物抽出物から出来ているものです。


ピクノジェノールはフラボノイドの含有量が多く、その有効性も
120件以上もの試験によって知られています。


松の樹皮であるフラボノイドポリフェノールは
ネイティブ・インディアンが松の樹皮を煎じて
お茶として飲んでいました。


13世紀頃の記録では、フランス人の探検家が
カナダ原住民から与えられた松の樹皮と針葉を煎じたお茶を
薬として使用したことも残っています。


そして400年以上の後に、生理活性のあるフラボノイドの探求が
各地の大学で研究がスタートして、最終的にはフランス海岸松の樹皮に
生物学的利用性と生理活性の高いフラボノイドの小規模な
グループの源を見つけ出しました。


さらにヨーロッパでの研究によって、生理活性の高いフラボノイドが
含有している事が発見され、その抽出物をホーファーリサーチ社
というスイスの会社が「ピクノジェノール」として販売を
スタートしました。


ピクノジェノールという名前は「濃縮する」という意味のpycnoと
「生成する」という意味のgen、フラボノールの接尾辞を意味するolを
組み合わせて作られたそうです。


別名では「フラバンジェノール」としても知られている
ピクノジェノールですが、健康にも様々な効果を持つようです。


フランス生まれの健康成分ですが、日本でも購入する事が出来る事もあり
気になる成分であると言えるのではと思います。

テーマ : アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ - ジャンル : ヘルス・ダイエット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。